ビタミンB12

葉酸の1日の摂取量目安は

栄養素には、一日の摂取量が決められています。
過剰摂取になると身体に害を及ぼしかねないからです。
また、不足していても体調を崩してしまいます。
どのくらい摂るといいのか、だからこそ国は一日の摂取量を示しているのです。
普段であれば、摂取することにあまり気を使わなくてもよい栄養素が「葉酸」です。
食事をしていれば自然に摂れるものなのです。
しかし、貧血がひどい場合や、冷え性が気になる人は、最低限摂れていないと改善はできませんし、妊娠を望む女性や妊娠中の女性には、必要量より多めに摂取しなくてはならず、必要に応じて一日の摂取量が変わってきます。

まず、普通の男性・女性は一日に200μg(マイクログラム)摂れていれば十分です。
それ以上摂る必要はありません。
しかし、女性の妊娠初期と妊娠後期の場合、倍の400μg、出産後の授乳期間で280μgを摂取しなくてはなりません。
特に母乳というものは血液で出来ています。血液生成のために葉酸を多く消費するのです。
そのため、280μg~340μgは必要になってくるのです。

300μg以上の摂取量になると食品ではなかなか取り入れることができなくなります。
ホウレンソウやブロッコリーなどの野菜を大量に一日中食べなくてはならなくなるからです。
そういう時には、サプリメントを利用すると手軽に摂ることができます。
しかし、サプリメントの手軽さから、沢山の母乳を出そうとして過剰摂取すると、今度は母乳から赤ちゃんに葉酸が流れ込み副作用として喘息を起こす危険性があるので注意しましょう!

さらに、お母さんにも副作用が出ますので一日の摂取量はきちんと守りましょう。
葉酸は水にすぐ溶けてしまうので、過剰摂取はあまり起こらないのですが、蕁麻疹や呼吸障害、発熱などの症状が現れたらすぐに医師に相談して下さい。

大抵のサプリメントは、一日の摂取量を考えて栄養素を配合しています。
指定されている分量で飲んでいると過不足に陥ることはありません。
しかし、飲みやすさから、自己判断で多量に摂取したりすると身体が危険な状態になる可能性があります。
一日の摂取量は必ず守りましょう!